2010年02月14日

<普天間移設>共産党書記局長が与党議員のグアム視察を批判(毎日新聞)

 12日記者会見した共産党の市田忠義書記局長は、米軍普天間飛行場移設問題で与党議員が米領グアムを視察したことに触れ「グアムの知事は(移設に)反対した。今度はどこに行くのか。米国のどこに基地を置くかは米国が考えることだ」と述べた。政府・与党による「移設先探し」を批判した。【中田卓二】

【関連ニュース】
テニアン移設案:官房長官は慎重、防衛相も 普天間飛行場
北沢防衛相:陸自連隊長の処分など検討
日韓併合:「民族の誇りに傷」岡田外相、韓国側に見解
普天間移設:グアム・テニアン案…社民・国民新が提示へ
陸自幹部発言:「信頼してくれ」では日米同盟維持されぬ

<石川衆院議員離党>野党、追及姿勢崩さず(毎日新聞)
小沢氏の責任「当然ある」=首相が言及−衆院予算委(時事通信)
秘書の罪は議員の罪?加藤紘一氏の“逆襲”に首相しどろもどろ(産経新聞)
退役「しらせ」、環境基地に=海自横須賀基地を出港(時事通信)
<GWG買収>韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
posted by ミヤハラ マサト at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。