2010年04月05日

自治体への「義務付け」見直し勧告 応じたのは401項目(産経新聞)

 政府は31日の地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)で、国が法令で地方自治体の仕事を規制する「義務付け」の見直し状況をまとめた。対象の751条項のうち、政府の地方分権改革推進委員会の勧告に基づき各府省が見直すと回答したのは401条項だった。6月作成予定の「地域主権戦略大綱」(仮称)に盛り込む。

【関連記事】
地方分権委、3年間の活動に幕
地方分権推進委が「政府批判」の声明を発表へ
橋下知事批判で阿吽の呼吸? 平松大阪市長と公明
地方への「義務付け」見直しを追加 公立高定員基準など751条項
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」

スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑−石川県警(時事通信)
<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)
北朝鮮元高官・黄氏が来日、拉致で意見交換も(読売新聞)
<コチョウラン>所管法人から就任祝い 環境省幹部を処分(毎日新聞)
受動喫煙防止条例 神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
posted by ミヤハラ マサト at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

政党交付金、民主に172億円=10年配分額を決定−総務省(時事通信)

 総務省は1日、政党助成法に基づき、2010年分の政党交付金の各政党への配分額を決定した。民主党への配分額は、昨年夏の衆院選での大勝を受け、172億9700万円と前年比26.6%増。一方、自民党は103億7500万円で前年比25.8%減となった。
 交付金の総額は、前年と同じく319億4100万円。各政党への配分額は、所属国会議員数と国政選挙での得票率によって決まり、年4回に分けて交付される。共産党は制度に反対し、受け取りを辞退している。他の政党への配分額は次の通り。(金額は100万円未満切り捨て)
 公明党23億8900万円▽社民党8億6400万円▽国民新党3億9700万円▽みんなの党3億6100万円▽新党日本1億3500万円▽改革クラブ1億2000万円。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

足利事件再審 判決要旨(1)(産経新聞)
G8外相会合「核なき世界」声明へ 平和利用呼びかけ(産経新聞)
ベトナム報道で活躍、元毎日記者・大森実氏死去(読売新聞)
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」(産経新聞)
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)
posted by ミヤハラ マサト at 12:32| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。